どうぶつ科学コミュニケーター通信

Pochitto(ぽちっト)神戸 | 

Pochitto(ぽちっト)神戸 | どうぶつ科学コミュニケーター通信

更新:2022.5.23

第20回---へそのお話。

こんにちは!暖かくなってきましたね!ぶっちー宅の庭では、春からカメたちが孵化をはじめております。孵ったのは、クサガメの赤ちゃん。500円玉サイズでかわいらしいです。写真の通り、まだしっかりヘソがあります!

「え!カメにヘソがあるの!?」

とよく驚かれるのですが、あります。多くの人が、卵を産む生きものはヘソがなく、赤ちゃんを産む生き物はヘソがあると思っておられるようです。が、違います!

カエルやイモリなどの両生類にはヘソはありません。しかし、爬虫類、鳥類、哺乳類にはヘソがあります!魚はというと、一部の赤ちゃんを産むタイプのサメ等にはヘソがあります※。

爬虫類や鳥類の場合、卵の中でヘソが卵黄と尿のうという部分につながっています。卵黄は言ってみればお弁当です。尿のうは携帯トイレ。つまり、ヘソから栄養を吸収して、ヘソからうんちを出しているようなものなのです。赤ちゃんを産む動物も同じで、ヘソを通じてお母さんから栄養をもらい、うんちにあたるものを渡しているのです。魚や両生類の卵には、卵黄はあっても尿のうはないです。彼らの卵は水中に産み落とされますから、うんちは周りの水が洗い流してくれます。まとめると、赤ちゃんを産む動物と、陸に殻のある卵を産む動物にはヘソがあるというわけです。

ちなみに、カメはじめ爬虫類や鳥類のヘソは成長とともになくなります。なので、大人のカメをひっくり返してもヘソは見えません。

※お腹の中で卵を孵して、見かけ上は赤ちゃんを産む魚にはヘソはない。

Pochitto(ぽちっト)神戸 | どうぶつ科学コミュニケーター通信

↑産まれて間もないクサ ガメの赤ちゃんたち。

Pochitto(ぽちっト)神戸 | どうぶつ科学コミュニケーター通信

↑お腹を見るとヘソがある(赤矢印)

どうぶつ科学コミュニケーター / 大渕 希郷(おおぶちまさと)

上野動物園・飼育展示スタッフ、日本科学未来館・科学コミュニケーター、京都大学野生動物研究センター・特定助教を経て、現在フリーランス活動中。
動物から植物、昆虫、微生物まで様々な生きものを用いた科学教室をご要望に合わせて企画いたします。その他、ペットボトルを用いた顕微鏡作り、偏光板を使ったサイエンスアート教室など工作教室や、各種講話、科学コミュニケーション研修、展示デザインなども承ります。

詳しくは下記まで。
お問い合わせ/担当:重光陽子Eメール:shigemitsu.yoko@gmail.com

過去の「どうぶつ科学コミュニケーター通信」情報

第1回

自己紹介と相棒タマオ。

更新:2019.3.23

第2回

相棒タマオはすごいぜ。

更新:2019.5.23

第3回

川でガサガサ!

更新:2019.7.23

第4回

出身幼稚園へゆく。

更新:2019.9.23

第5回

科学をご自宅にお届け。

更新:2019.11.23

第8回

たまごや甲羅のひみつ。

更新:2020.5.23

第9回

トカゲを釣る男。

更新:2020.7.23

第10回

イネの妻、イネの魚

更新:2020.9.23

第11回

猪突猛進のお話

更新:2020.11.23

第12回

丑年とクジラ。

更新:2021.1.23

第13回

ダンゴムシの迷路。

更新:2021.3.23

第14回

サメが教えてくれる歯の起源。

更新:2021.5.23

第15回

ロボットと動物のつながり。

更新:2021.7.23

第16回

ザリガニとオクリカンキリ。

更新:2021.9.23

第17回

秋の昆虫採集。

更新:2021.11.23

第18回

トラ模様の意。

更新:2022.1.23

第19回

ウサギのうんこ。味。

更新:2022.3.23

第20回

へそのお話。

更新:2022.5.23