たづこ先生の健康情報

Pochitto(ぽちっト)神戸 | 

Pochitto(ぽちっト)神戸 | 五葉薬局 たづこ先生の健康情報

更新:2020.1.23

五葉薬局 たづこ先生の健康情報【体の中から乾燥対策】

体の中から乾燥対策

秋や冬の空気が乾燥する季節に相談が増えるのが、乾燥肌による皮膚のかゆみ。他にも乾燥によって起こる目の乾燥(ドライアイ)、口の乾燥(ドライマウス)、鼻の乾燥(ドライノーズ)などの相談も多くなります。

漢方では、乾燥の症状は、体の潤い成分である「津液(しんえき)」や「血(けつ)」が不足することで起こると考えます。また、体の潤いの源となる要素「腎陰(じんいん)」の不足も乾燥を招く要因に。「腎」は加齢とともに衰え、腎陰も不足しがちになるため、年齢を重ねると体の潤いは減少していきます。高齢の人は特に意識して、腎をケアするよう心がけましょう。(腎のケアについてはぽちっト第6号「加齢女子より華麗女子」をご参照ください)

今回は症状別乾燥対策についてお話しします。

1.鼻が乾燥している(ドライノーズ)の人

鼻の状態は「肺」と関わりが深く、肺の潤いが不足すると、鼻の粘膜も乾燥しやすくなります。なので、肺の潤いをしっかり養うよう心がけましょう。

肺の潤いを養う食材(梨、百合根、オレンジ、はちみつ、枇杷の葉、葛、白きくらげ、杏仁など)

2.目が乾燥している(ドライアイ)人

目は「血(けつ)」が運ぶ栄養や潤いによって健やかに保たれています。そのため、血を十分に養い、血を蓄える「肝(かん)」(肝臓)の働きを整えることがドライアイ対策の基本。また、目の酷使は血の消耗につながるため、長時間のスマホ使用などにも注意しましょう。

血を養い目の働きを整える食材(菊花、クコの実、ほうれん草、桑の実、ブルーベリー、ぶどう、桑の葉、にんじん など)

3.肌が乾燥している(ドライスキン)人

肌も鼻と同様に「肺」と深く関係しているので「肺」を潤わすよう心がけましょう。

4.腸が乾燥する人(便秘)

体内の潤いが不足して「腸」が乾燥すると、便も乾いて固くなり、便秘を起こしやすくなります。また、腸と肺は深く関係しているため、肺が乾燥すると、腸の潤いも不足しがちに。腸と肺の潤いを十分保つよう心がけましょう。

"五葉薬局 代表 古川太津子

Pochitto(ぽちっト)神戸 | 

過去の「たづこ先生の健康情報」情報

第1回

睡眠編

更新:2017.3.20

第2回

胃腸編

更新:2017.5.23

第3回

熱中症に注意!

更新:2017.7.23

第5回

フレイルってなあに?!

更新:2017.11.23

第6回

加齢女子より華麗女子へ !

更新:2018.1.23

第7回

笑いの効用!

更新:2018.3.23

第8回

梅雨の湿気にご用心!

更新:2018.5.23

第12回

花粉の季節をラクに過ごそう!

更新:2019.1.23

第13回

春のストレス対策!

更新:2019.3.23

第14回

梅雨時期の過ごし方

更新:2019.5.23

第15回

蒸し暑い国の生活の工夫

更新:2019.7.23

第16回

アニマルセラピーのすすめ

更新:2019.9.23

第18回

体の中から乾燥対策

更新:2020.1.23

第19回

酵素断食のすすめ

更新:2020.3.23

第20回

薬膳料理でコロナストレスケアを

更新:2020.5.23