ぽちっト-Pochitto-神戸 小説・童話

HOME > 小説・童話

【 いそがしくて ごめんね 】平成30年9月23日号

いつか、きっと写真をとろう

むすめが生まれたから、写真をたくさんとろうと思いました。

写真をたくさんとって、アルバムをつくろう

ぼくは、わくわくしました。

ところが、「かわいいむすめのためにと」と
毎日、おおいそがし。

「いつか、きっと写真をとろう」

でも、なかなか写真をとる時間がありません。

「いそがしくてごめんね」

そう言うぼくに、
むすめは、なにもわからず、だあだあだあ。

「いそがしくて、ごめんね」

ふと、気がつくと、 むすめはどんどん大きくなっていきます。

そんなぼくに、かみさまは言いました。

「もう、戻れないんだよ」

いつだって、いまがいちばん、小さいとき。
ぼくはあわてて、カメラを引っぱりだしました。

     

【こうだ ともゆきプロフィール】
1984年大阪生まれ。京都精華大学卒。
個人の編集業などを経て、2016年岡山県真庭市に移住。

<<第9回  重い物を持つこと | 

▲ページトップに戻る