ぽちっト-Pochitto-神戸 小説・童話

HOME > 小説・童話

【 ぜったい晴れる、てるてるぼうず 】平成31年1月23日号

ティッシュをくるくるとまるめて、
男の子は、てるてるぼうずをつくっています。
とびきり笑顔のてるてるぼうず。

「晴れるといいね」
お母さんがいいました。

「だいじょうぶ。ぜったい晴れるよ」男の子は、自信まんまんです。

けれど、よくじつ。
ザーザー。雨がふっていました。

お母さんはいいました。
「せっかく、てるてるぼうずをつくったのにね」

ところが。男の子はうれしそうに、「晴れてよかったあ」というのです。

お母さんは首をかしげます。
すると、男の子は笑っていいました。

「てるてるぼうずをつくるのはね。
お空を天気にするためじゃないんだ」

「そうなの?」

びっくりするお母さんに、
男の子は、おしえてくれました。

「雨がふっても、ぼくのココロが晴れるように、
てるてるぼうずをつくるんだよ」

男の子の笑顔は、てるてるぼうずとおなじ、
とびきりの笑顔。

「だから、ほら。てるてるぼうずをつくると、ぜったいに晴れるんだ」

   

【こうだ ともゆきプロフィール】
1984年大阪生まれ。京都精華大学卒。
個人の編集業などを経て、2016年岡山県真庭市に移住。

<<第11回  ネズミくんとハコのなかのネズミちゃん | 

▲ページトップに戻る