ぽちっト-Pochitto-神戸 小説・童話

HOME > 小説・童話

【 せんたくパンダ 】平成31年5月23日号

ある日。

せんたくをしていた、おかあさんパンダは、うっかり、子パンダもせんたくしてしまいました。

きれいになった、子パンダ。

よくみると、くろいところがなくなって。まっしろ、シロクマになっていました。

「たいへん。これじゃあ、パンダじゃなくなってしまう」

おかあさんパンダは、あわてて、まっしろ子パンダに、

くろいろをとりもどそうと、かんがえました。

くろいシールをはったり。

くろいクレヨンで、ぬりえみたいにくろいろをぬったり。

けれど。シールも、クレヨンも、とれてしまいます。

そこへ、おばあちゃんパンダがやってきて、いいました。

「パンダにもどるのは、カンタン。おもいっきり、一緒にあそべばいいんじゃよ」

おかあさんパンダは、子パンダと、おもいっきりあそんでみました。

はしりまわったり。くすぐりあったり。いっぱいわらって。日がくれるまで、

どろんこになってあそびました。

すると、どろんこになったところが、くろくなって。

まっしろ子パンダは、パンダらしい、

しろとくろの子パンダにもどりました、とさ。

   

【こうだ ともゆきプロフィール】
1984年大阪生まれ。京都精華大学卒。
個人の編集業などを経て、2016年岡山県真庭市に移住。

<<第13回  にこにこタオルくん | 

▲ページトップに戻る