ぽちっト-Pochitto-神戸 小説・童話

HOME > 小説・童話

【 にこにこタオルくん 】平成31年3月23日号

いやいやタオルくんは、いつもみんなの手をふいたり、顔をふいたり。

よごれちゃうのって、いやだな。

そうおもっていました。

ところが、にこにこタオルくんは、いつもにこにこ。

いやいやタオルくんは、ふしぎにおもって、たずねました。

「どうして、よごれちゃうのに、いつもにこにこしているの?」

にこにこタオルくんは、いいました。

「みんながよろこんでくれるからだよ」

「よろこんでくれる?」

手や顔がきれいになったら、みんながよろこんでくれる。

病気のときに、おでこにおいたら「きもちいい」ってよろこんでくれる。

それにね。よごれても、だいじょうぶなんだ。

「え、そうなの?」いやいやタオルくんはおどろきました。

「うん。ごしごしすれば、またみんな、きれいになれるんだよ」

「よごれても、きれいになれるの?」

「もちろん」いやいやタオルくんは、くすっと笑って、

ほんのすこしだけ、にこにこタオルになりました。

   

【こうだ ともゆきプロフィール】
1984年大阪生まれ。京都精華大学卒。
個人の編集業などを経て、2016年岡山県真庭市に移住。

<<第12回  ぜったい晴れる、てるてるぼうず | 

▲ページトップに戻る