ぽちっト-Pochitto-神戸 小説・童話

HOME > 小説・童話

【 さいごの3分 】平成30年3月23日号


その砂時計は、男の子がとても大切にしているものでした。

なかなか家に帰ってこない、船長をしているお父さんがくれた、宝もの。

とても大切にしていましたが、ある日、うっかり上のぶぶんのガラスを割ってしまいました。

つぎにひっくりかえしたら、きっと、砂が割れたところからながれ出てしまう。

男の子は悲しくなって、泣きました。

たっぷり泣いたあと、さいごの3分を、いつ、なににつかうか、考えました。

そんなある日。

とてもひさしぶりに、お父さんが家に帰ってきました。

男の子はうれしくて、お父さんに抱きつきました。

そして「いまだ!」とおもって、砂時計をひっくりかえしました。

砂が、外にながれ出ていくあいだ、男の子はずっと、お父さんに抱きついていました。

やがて、砂はぜんぶ外にながれ出てしまいました。

男の子は、その砂をつまんで、ポケットに入れました。

「この砂は、お父さんと僕、2人で過ごした時間をおぼえてる」


さく・こうだ ともゆき

【こうだ ともゆきプロフィール】
1984年大阪生まれ。京都精華大学卒。
個人の編集業などを経て、2016年岡山県真庭市に移住。

<<第6回 むかしと男の子 | 

▲ページトップに戻る